中央集権型 対 分散型 – コーポレート・コーディネーターから(ワンライフ公式ニュースレター2021年6月8日)

中央集権型 対 分散型 – コーポレート・コーディネーターから(ワンライフ公式ニュースレター2021年6月8日)

以下の情報は、3年前に書き始めたものですが、今でも十分に通用する内容です。この情報は2部構成で掲載します。 前編は今週のニュースレターで、後編は来週のニュースレターで掲載します。

私はブロガーではなく、ファンページも持っていませんし、人に押しつけたり、頻繁に手紙を書き、何かを売りつけてささやかな紹介料を得ようとするのは好きではありません。あるいは、自分の世界観を広めるために有料のイベントを企画することも。

そのため、以下に書かれていることをSNSで数方向に拡散し、誰かが転送すると決めれば、より多くの人にその理由が届くことになります。

人間は、秩序と規則を持ち、その中で存在するように作られていて、そうしないと、欲張りな性格と自由な選択権を持っているために、自分を「食べて」しまい、腐敗した行為を確立する方向に行動し、混沌、アナーキー、そして最終的には社会を破壊することになります。

金融支配のシステムは、歴史的に確立されており、知識、搾取、そして人間の本性のユニークな特徴である貪欲さを完全にコントロールすることを基礎として構築されています。このシステムは、その構築方法において、自らを食い潰し、今、大きく変わろうとしています。最大の経済バブルである負債経済は、今まさに崩壊し、新しいものに取って代わられようとしています。

変化は間近に迫っていますが、それはゆっくりと、不可侵の経済/市場法に「準拠」して実施されるでしょう。変化が不可逆的であるという結論の理由は、テクノロジーです(ブロックチェーン技術が議題となっていますが、これは徐々に多くの人々が「新しいインターネット」として認識し始めており、今度は情報ではなく価値を伝えるものです)。しかし、変化を必要とするのはテクノロジーではなく、人々が日常生活の中で認識し、使用することで、変化を起こすのです。

“ブロックチェーンや暗号通貨はIT産業のトップに位置していますが、その応用はIT専門家に依存していません。”それは、通貨やお金はIT関係者の領域ではありませんし、これまでも決してそうではありませんでしたからね!”
これは、コンピューターサイエンスの修士号や博士号を持つIT専門家たちがすでに言っていることです。
ですから、これから必要とされる暗号通貨と、これまで知られていた他の暗号通貨(ビットコインや他のアルトコイン)の特徴の一つは、「コミュニティ」です。強力な弁護士、金融やビジネスの分野の人々がいて、技術的な「少年少女」のほとんどがいないコミュニティこそが、必要とされるものなのです
一方で、暗号通貨の歴代の所有者や作成者、いわゆる「コミュニティ」のほとんどがITに強く、ビジネス上の「少年少女」に利用されやすく、操作されやすいのです。

興味深い記事があります。
ロバート・キヨサキ氏が著書の中で書いているように “なぜ「A」の学生は「C」の学生のために働き、「B」の学生は政府のために働くのか”)

お金の世界に入ってくると、ITよりもずっと重要なことがあると思います。実際、ITは日々進化・更新していて、今は最高の技術でも、しばらくするとそうではなくなります。一方、お金の世界は重く、動きも非常にゆっくりしています。だからこそ、将来的に広く使われるようになる暗号通貨を支えるリーダーが、もっと理解し、また法律や金融、銀行、ガバナンスのプロであることはとても良いことだと思います。

パート2:来週のニュースレターに続きます。

勇気を持って、世界は他の誰かではなく、私たちを待っているのだと言い切りましょう
The ONE Ecosystem コーポレート・コーディネーター
リュドミル・ゲオルギエフ

中央集権型 対 分散型 – コーポレート・コーディネーターから(ワンライフ公式ニュースレター2021年6月8日)