光るものがすべて金ではない。ワンアカデミー ・ ワンハート(ワンライフ公式ニュースレター 2021年07月28日号)

All that glitters is (not)gold.

光るものがすべて金ではない

貴重なものや本当のことを言っているように見えるものが、すべてそうではないということを述べた格言です。金は通常の通貨に比べて価値の保存や維持が優れていると言われており、政府や個人が非常用の通貨として保有しています。。また、投資対象としても非常に有用で人気があります。投資家は一般的にリスク分散のために金を購入し、特に先物契約やデリバティブを利用します。金は野蛮な遺物であり、過去の貨幣としての性質を失っていると主張する人もいます。現代の経済環境では、紙幣が貨幣として選択されています。彼らは、金の唯一の利点は宝飾品に使われる素材であるという事実だけだと考えています。一方で、金は投資家がポートフォリオの中で保有する必要のある、ユニークで様々な本質的品質を持つ資産であると主張する人々もいます。

OneAcademyは何を言っているのか?@36ページ

「金はお金以外にも、産業界で様々な用途に使われています。電子機器から医療まで、航空宇宙からガラス製造まで、私たちの身の回りにある多くのものが、この黄色い貴金属によって、あるいは金を使って作られています。さらに、伝統的に金は、スポーツやその他の公的イベントにおいて、特に1位のメダルカップの製造に使用されています。もちろん、すでに指摘したように、金は宝飾品の製造に広く使われており、これは金の最も古い用途の1つです。金を使用していた文化はますます増えており、亡くなった貴族や指導者が永遠に一緒にいられるようにと、たくさんの金製品を埋葬していました。金の歴史的な用途は宝飾品だけではなく、今日でも金を使用しています。残念ながらこの貴金属はもはや一般的には貨幣とはみなされていませんが(インフレなどから貯蓄を守るために世界中の多くの人々が保管していたにもかかわらず)、多くの中央銀行が純金から作られた金貨を発行しています。これらの金貨は、比較的大きな金額を簡単に保管できるため、投資家の間で非常に人気があり、さらに、金貨は流動性が高く、需要も高い。中でも、カナダのメイプルリーフ、中国の金パンダ、南アフリカのクルーゲランド、イギリスのソブリン、アメリカのゴールドイーグルなどが人気があります。これらの名称は、コインに描かれている動物や記号に由来しています。

私たちは皆、この金融教育を必要としています。ひどい金融事故を起こさないために。 今こそ、ワン・アカデミーのコースを受講し、友人や家族にワン・アカデミーのモジュールを購入し、アカデミーを受講するように伝えるべきです。

光るものがすべて金ではない。ワンアカデミー ・ ワンハート(ワンライフ公式ニュースレター 2021年07月28日号)