ブロックチェーン上の土地登記(公式ニュースレター2021年5月12日)

One Academy-心臓部
One Academy-心臓部

私たちの一つのエコシステムは、私たちに将来の課題に対応するブロックチェーン技術の教育を提供します。ブロックチェーンPart One』は、ブロックチェーンを紹介するだけでなく、包括的に理解させてくれる素晴らしいツールです。これからは、私たちの責任で教育を行い、その知識と理解で自分たちを力づけることができます。

ブロックチェーン上の土地登記

土地登記は、個人的に不動産取引に関わっている場合を除いて、不動産業界以外のほとんどの人にとっては、ほとんど頭に浮かばない話題です。しかし、そのような取引は、平凡な事務処理であり、ゴム印を押すようなもので、新築の家の鍵を受け取るよりもはるかにエキサイティングではないと考えられています。

しかし、不動産市場における土地登記の重要な役割は、決して軽視されるべきものではありません。2018年、世界の不動産取引量は前年比4%増の1.7兆ドルに達しました。これらの取引の背後には、質的にも量的にも大きく異なる土地登記の紙の痕跡があります。

土地登記プロセスの課題

土地登記は、原則として、土地や不動産の所有権を記録し、長年にわたる所有権の変化を記録することです。簡単なことのように聞こえますが、これには多くの課題があります。

歴史的には、土地登記は紙の文書に基づいて行われていましたが、これらの文書は紛失、破壊、改ざん、またはその他の方法で操作される可能性があります。英国のような国では、政府は土地登記システムをデジタル化しています。しかし、これまで登録されていなかった古い不動産を売却しようとした場合、紙の権利証を紛失したり破棄したりすると、不動産を売却するための登録作業が非常に困難になります。

売主は、関連書類がない状態で所有権を主張する根拠をどうにかして証明する必要がありますし、書類が紛失または破壊された経緯を説明する必要もあります。また、登録に必要な手続きを行うために、プロの測量士やconveyance(権利委譲書)の専門家を雇わなければならず、費用はもちろんのこと、国によっては時間がかかることもあります。

OneAcademy ブロックチェーン 基礎 Part 1にはどのようなことが書かれていますか?

 69ページ:不動産記録

ブロックチェーンには文書を効率的に保存・検証する機能があるため、法律業界では記録や文書を安全に検証するためにブロックチェーンを使い始めています。ブロックチェーンは、法的文書の真実性を検証・確認するための有効な媒体を提供することで、訴訟を大幅に減らすことができます。

地元のRecorder’s Office(記録事務所)で時間を過ごしたことがあれば、財産権を記録するプロセスが負担であり、非効率的であることがわかるでしょう。今日、物理的な証書は、地元の記録事務所の公務員に届けられ、郡の中央データベースと公開インデックスに手作業で入力されなければなりません。また、不動産紛争が発生した場合には、その不動産に対する請求権を公的なインデックスと照合する必要があります。このプロセスは、コストと時間がかかるだけでなく、人的エラーが多く、不正確な情報があると、不動産の所有権を追跡する効率が悪くなります。ブロックチェーンを使えば、書類をスキャンしたり、現地の記録保管所で物理的なファイルを探したりする必要がなくなります。不動産の所有権がブロックチェーンに保存され、検証されれば、所有者は自分の証書が正確で永久的なものであると信頼することができます。

私たちは皆、この金融教育を必要としています。ひどいブロックチェーン情報の失態を犯さないように。 ONE ACADEMY コースを真に受け、友人や家族にパッケージを購入してACADEMYを受講するように伝えるべき時が来ています。